一般Wi-Fi製品とのちがい

一般Wi-Fi製品とのちがい

情報コンセント自体が無線LANのアクセスポイントになるためコンセントまわりがスッキリします。
また、無線通信のためにWi-Fiアクセスポイント機器を設置する必要がなくなるので、部屋をすっきり保つことができます。

システム構成

システム構成

※本製品はアクセスポイントです。上位側にルータをご用意いただき、LAN接続してください。

特  長

容易な施工性

容易な施工性
※VVFケーブルは、10mm
 ストリップして接続してください。

ACアダプタ機能を本体に内蔵することにより、電源線(VVF)を直結するだけで電源部の施工は完了です。LANについてもケーブルをRJ45モジュラージャックに加工して背面ポートに接続するだけ。施工が非常に容易です。

ギガビット有線LAN

ギガビット有線LAN

前面の有線LANポートはギガビットとしているため、Wi-Fi環境を構築しながらも機器の速度性能を活かした大容量・高速通信が同時に利用できます。

高速無線LAN規格IEEE802.11nに対応

最大通信速度は、300Mbps(理論値)に対応。IEEE802.11g/bとも互換性をもっております。
※高スループットモード(チャンネルバンド幅40Hz)の場合。初期設定

Wi-Fiはスイッチ付

Wi-Fiはスイッチ付

Wi-Fiの使用は底部のスイッチで簡単に
ON/OFF切替え可能です。

簡単接続、高いセキュリティレベル

簡単接続、高いセキュリティレベル

接続設定は、本体記載のSSIDをPC、スマートフォン等で確認し、パスワードを入力するだけ。これだけでWPA2-PSKの高度な暗号化設定も完了しています(初期設定)。

有線も無線も同時に使える

有線も無線も同時に使える

一つのWi-Fi情報コンセントで、複数端末の同時利用が可能です。
( 有線 = 1ギガ
無線 = IEEE802.11n )

自宅Wi-Fiでパケット料金節約

自宅Wi-Fiを使えば、パケット通信の制限を気にせず安心して利用できます。通信費の節約にもなります。

自宅Wi-Fiでパケット料金節約

さまざまな管理機能

APアイソレーション機能

異なるSSIDに接続された端末からのアクセスを遮断します。同一箇所に複数本製品を設置する場合でも、組織別や世帯別、という具合に互いに通信し合わないよう、SSIDごとにネットワークを分離することができます。

APアイソレーション機能

設定プロファイル抽出機能

設定プロファイル抽出機能

本機の設定内容は、ファイル形式でバックアップを取ることが可能です。これによりシステム管理者様は複数のAPに対して設定や復旧作業を行うときでも、ひとつひとつ面倒な設定作業を行う必要なく、管理が容易になります。

スケジューリング機能(PoEのみ)

セキュリティレベル維持のため、Wi-Fiを使わない曜日、時間帯をスケージュール登録できます。節電効果にもつながります。

アクセス制御機能

アクセス制御機能

アクセスポイントでありながら、MACアドレスフィルタリング等の高度なアクセス制御機能をもっており、オフィスや業務での利用を強力にサポートします。

マルチプルAPサポート

ひとつのローカルエリアネットワーク(ルータ)下に本製品(AP)を複数設置する場合でも、IPアドレスの設定はいずれも同一で可能
(初期設定では192.168.1.250)。

マルチプルAPサポート

APの設定作業を行う場合は、各機とも一律そのIPアドレスをWEBブラウザに入力するだけで個別に作業が可能です。システム管理者様にとっては、上位側へのLAN接続を一時的に外す、もしくは個々にIPアドレスを変更する、といった手間なくスムーズに設定作業が行えるメリットがあります。
※リモート接続する際は、IPアドレスの設定が必要です。

リモートで有線・無線機能のon/offが可能

有線LANのみ、Wi-Fiのみといった具合に、個別に機能停止/稼働を設定変更できます。インターネットアパートなどのシーンで、サービス内容に合わせてお使いください。
※リモート接続する際は、IPアドレスの設定が必要です。

TOPへ戻る